読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行 その10 アートスミスさんで指輪作り

テレビで目にしたことがあった気がする、この張り紙。こんなところにあったのね。
f:id:donotcomemayday:20160802072710j:image
そんな、学生の街を通り抜け、やってきました「アートスミス」さん。
アクセサリーが作れるらしい。自分で作ってみたくて検索していて見つけたお店です。

まずは、金を伸ばします。幅3センチ、直径5ミリくらいの塊を伸ばして伸ばして指輪に使えるくらいの幅にしました。
途中でバーナーであぶって「なまし」っていうのをするのが楽しかった。
f:id:donotcomemayday:20160802072757j:image

そしてまたこの機械を通すことで、ちょっとずつちょっとずつ、細く長くなっていきました。
f:id:donotcomemayday:20160802072811j:image

出来上がった金の棒。あんまりキレイじゃない。
f:id:donotcomemayday:20160802072829j:image

とりあえず金は置いておいて、次は銀に挑戦。
f:id:donotcomemayday:20160802072842j:image

銀は溶かすところからスタート。
f:id:donotcomemayday:20160802072858j:image

f:id:donotcomemayday:20160802072918j:image

溶けた銀を型にはめると、一瞬で棒状に!
f:id:donotcomemayday:20160803064517j:image
f:id:donotcomemayday:20160803064529j:image

これまたさっきの機械を通し、伸ばして伸ばして…
f:id:donotcomemayday:20160803064539j:image

次は機械を使って、銀線の角をとります。びよよん。
f:id:donotcomemayday:20160803064551j:image

金線銀線ができたら、数学の知識を使い、適切な長さに切ります。そして、ぐにぐにと折り曲げ、端と端をくっつけます。
銀は銀を溶かしてくっつけますが、金は「ろうづけ」ってのをするらしい。溶けやすい金属らしく、ろうそくは関係ないみたい。

くっつけたものがこちら。
f:id:donotcomemayday:20160803064605j:image
単なるキッタナイ金属の輪っかですね。
形を整え、サイズを合わし、コンコン叩いて模様をつけたり形を整えたりする。

その後、機械に入れて磨くと…
f:id:donotcomemayday:20160803064618j:image
びっくり!指輪になったよ。

しかし、いろんな機械があるねぇ。眺めつつ、しばし休憩。
f:id:donotcomemayday:20160803064633j:image

さて、もうひと頑張り。
次は銀の指輪とバングルにとりかかろう。

2つ合わせた銀線をねじねじ。
f:id:donotcomemayday:20160803064644j:image
バングル用もねじねじ…。

指輪をロウ付けし、整形、バングルも整形、そして機械で研磨。

じゃじゃーん!できあがりはこちら!!
f:id:donotcomemayday:20160803064701j:image

かわいいのができました。

料金は…ホームページとかにのってるのでイメージしてたより、ちと高かった(^_^;)
材料費+教室代ということで、材料費は相場の3割り増しくらいかなぁ、と思ってたけど、銀なんか、10倍くらいかな。たとえばシルバーリング、2グラムないくらいで1400円。相場が1グラム80円弱だから…

金は12金でこれまた2グラム弱で9300円。24金相場が5000円くらいだから…

材料費を明示してくれてたら何を作るか考える時の参考になると思った。

でも、自分で作った1つだけのアクセサリー。店主さんもいい方だったし、行ってよかった!作ってよかった。