香川 川福本店にて昼ごはん。

ナビが悪いのか、使う人が悪いのか。

使う人がちゃんとしたナビ使えばあっという間にたどり着いたよ、ライオン通り。

昼間はさみしいね。

てか、ここに来れば飲み屋も選び放題だったね。

f:id:donotcomemayday:20170207191612j:image

ミキサーマン、やっぱり日曜日は休みなんだね。

f:id:donotcomemayday:20170207191614j:image

近くにあった川福さんで昼ごはんにすることにしよう。

f:id:donotcomemayday:20170207191618j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191621j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191624j:image 

かやくうどんと、

f:id:donotcomemayday:20170207191628j:image

牛丼にしました。

f:id:donotcomemayday:20170207191633j:image

細くてツルツルの麺。喉越しを楽しめるように細麺にしているとのこと。少しだけ分かったような気もする。

牛丼は家庭料理っぽい。ざるうどんはコシがあった気がする。タレがトゲトゲしてたのが残念。もう少し工夫するといいかも。

かやくうどんは普通かな。あまりコシが感じられなかった。

 

こ、これは…!!…って感じのうどんに出会ってみたいなぁ。

四国フェリー、やっぱり最高!〜小豆島→高松〜

あと20分あるから、チェックイン済ませてお土産でも眺めるか、と余裕ぶっこいて港に来たら「フェリー乗りますか?」と係員さんが寄ってきた。あれれ?デジャブ?!まだ時間あるんじゃないの?「5分後に出ますんで…」あれれ???

 

言われるままにフェリーに乗り込み、サイトチェックしてみると…行きと帰りの時間を見間違えてた〜(^_^;)これ乗り遅れてたら1時間待たないといけなくなってた。行きも帰りもギリギリのところを攻めてます。

 

雨が降ってるからカモメさんはいないかな、と客室に座ってたら、外にカモメさんが!!!

 

ダッシュで甲板に上がり、カメラさん目視してから、かっぱえびせんをゲットしに売店へ。

 

曇り空でもカモメさんはカッコいいです。

f:id:donotcomemayday:20170207191025j:image

前回よりキャッチ上手の精鋭が集まってます。

f:id:donotcomemayday:20170207191028j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191032j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191036j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191040j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191043j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191046j:image

f:id:donotcomemayday:20170207191050j:image

お子様がいらっしゃる方、「四国フェリーに乗る」ってだけを目的にしても損しないくらい楽しめますよ!ぜひ、四国フェリーにいらしてください!!!

 

わたしも今月中にもう一回乗りにくるぜ!!

小豆島 エンジェルロード 再訪。

もしかして、朝はエンジェルロードが出現してるかも?!

…と行ってみたら、ビンゴ!!バッチリ通れそう!!!

f:id:donotcomemayday:20170207085101j:image

f:id:donotcomemayday:20170207085104j:image

f:id:donotcomemayday:20170207085108j:image

両側からかすかに波がチャプチャプと。

小雨が降ってるためか、観光客も少ない。

 

今日は観光案内も開いてます。

f:id:donotcomemayday:20170207085112j:image

が、もう小豆島を後にするわたしたちには用はない。昨日開いててほしかったな。

小豆島 松風に宿泊

本日のお宿は松風さん。土庄港近くです。

決め手は口コミの料理ポイントが高かったことと、個室食ってこと。

ホントは部屋食がいいんだけどねー、グダグダテレビ見ながら食べられるから。でも、小豆島来るかも決めてなくて、島に来て予約しようとしたら、すでに受付終了してたっていう。

 

そんなこんなで、何とか個室食の松風さんを予約。

f:id:donotcomemayday:20170207074703j:image

オーシャンビューのお部屋に通されます。

f:id:donotcomemayday:20170207074708j:image

入り口。

f:id:donotcomemayday:20170207074713j:image

トイレ&お風呂。

f:id:donotcomemayday:20170207074717j:image

お部屋です。こじんまり。

f:id:donotcomemayday:20170207074722j:image

f:id:donotcomemayday:20170207074727j:image

大浴場もありますが、そんなにオススメでもないかも??露天風呂が、狭いうえにな〜んにも見えないんだもの。国道沿いの二階に作ったのが間違いでしたね。海見ながら入りたかったのに。

あと、温泉なハズなのに、カルキの臭いしかしないっていうのも残念ポイント。循環湯の宿命かもしれないけど、お湯にもこれといった特徴かなかったから、温泉に入った気はしなかった。(入湯税はバッチリ徴収されたけど。)

 

さてお楽しみのご飯。どんなおいしいお魚が食べられるかな、ワクワク♪

 

まずは前菜など。

f:id:donotcomemayday:20170207074732j:image

さくらもちとタコがおいしかった。

 

お鍋のフグは昨日のまさごさんの圧勝。

悲しかったのは刺身。なんで小豆島でマグロやホタテ??せっかくなんだから、こっちで取れるお魚が食べたい。…てか、小豆島でとれてるのかな?

 

最悪だったのはサワラのタタキ。食感が悪い!こんなお魚なのかもしれないけど、解凍を失敗してグダグダになったような食感。しかも生臭いっていう(ノД`)一口でギブです。

 

イカワタは食べられないことはないけど、無理して食べなくてもいいかな。

f:id:donotcomemayday:20170207074737j:image

 

地酒もいただいてみました。「ふふふ」がおいしかったみたい。「びびび」は苦かった??

f:id:donotcomemayday:20170207074741j:image

f:id:donotcomemayday:20170207074747j:image

f:id:donotcomemayday:20170207074751j:image

茶碗蒸しは柚子の香りがして普通においしい。

f:id:donotcomemayday:20170207074756j:image

煮魚は普通。もちろんまさごさんが圧勝。…ま、居酒屋さんと旅館のお食事を比較したら悪いか。

f:id:donotcomemayday:20170207074800j:image

そろそろ胸焼けし始めたころに、さらに追い討ちのステーキ。サシはあまり入ってないけど柔らかいお肉。ただ、タイミングが…。ここで出すならわさびポン酢とかもつけてほしかった。脂っこい。

f:id:donotcomemayday:20170207074805j:image

しかも、最後は結構油の回った天ぷらで締めっていうね。天つゆもほしかったなあ。

f:id:donotcomemayday:20170207074810j:image

f:id:donotcomemayday:20170207074814j:image

お米はおいしかった!

 

デザートも、一手間かかっていて、おいしかった。

f:id:donotcomemayday:20170207074818j:image

 

お次は朝ごはん。

f:id:donotcomemayday:20170207074823j:image

f:id:donotcomemayday:20170207074827j:image

コーヒーもついてます。

f:id:donotcomemayday:20170207074832j:image

もちろん個室食。

 

さて、総合評価。
いいお宿だと思いますよ。料理もおいしくないわけじゃない。ただせっかく小豆島に来たんだから「らしい」料理をいただきたかった。
どこででも食べられる普通のものを、普通の調理法で、普通に出すんだったら、別に小豆島に来なくてもいいかな、このお宿にこなくてもいいかなって思う。いくら品数が多くても「ここでしか味わえない」「ここでしか体験できない」そんなものがないと、リピはないかなーって思います。
またすぐに小豆島に来ようって思ってるけど、このお宿は「これ!」って光るものがイマイチ見つからない。全て及第点、って感じ。

ただ、中居さんはすごーーく感じがよかった!!
きちんと教育されてるのが伝わってきた。
それだけに残念だなぁ。

小豆島 二十四の瞳映画村

小豆島に来たら行ってみないと、という強迫観念に導かれ、やってきました映画村。

二十四の瞳、田中裕子さんバージョンがかすかに頭の片隅に残ってるけど、正直そんなに思い入れはない。

 

f:id:donotcomemayday:20170207064413j:image

f:id:donotcomemayday:20170207064416j:image

入場料を払って施設内へ…。

f:id:donotcomemayday:20170207064423j:image

お!?いい感じ♪

f:id:donotcomemayday:20170207064427j:image

f:id:donotcomemayday:20170207064433j:imagef:id:donotcomemayday:20170207064438j:image

f:id:donotcomemayday:20170207064443j:image

f:id:donotcomemayday:20170207064448j:image

ノスタルジー、ってやつでしょうか。風情にやられます。

 

八月の蝉も小豆島だったんだねー、本は何度か読んだけど映画見てない(ノД`)見とけばよかった。

 

f:id:donotcomemayday:20170207064453j:image

すぐそばには海があります。

f:id:donotcomemayday:20170207064459j:image

分教場に入ると…

f:id:donotcomemayday:20170207064505j:image

教室から海が。

f:id:donotcomemayday:20170207064512j:image

私だったら勉強そっちのけで、一日中海見てるだろうな。

f:id:donotcomemayday:20170207064518j:image

職員室。先生は2名らしい。

f:id:donotcomemayday:20170207064523j:image

記念カキコ用ノート。鬼のようにありました。

f:id:donotcomemayday:20170207064529j:image

学校の外には五右衛門風呂!?

f:id:donotcomemayday:20170207064536j:image

f:id:donotcomemayday:20170207064543j:image

f:id:donotcomemayday:20170207064551j:image

おみくじ発見!

今度こそ引いてやろう。

f:id:donotcomemayday:20170207064556j:image

げ、大吉だ(ノД`)

しかも、内容が映画村バージョン。

f:id:donotcomemayday:20170207064600j:image

無料の映画館もありました。

f:id:donotcomemayday:20170207064605j:image

f:id:donotcomemayday:20170207064609j:image

あんまり時間がなかったから駆け足で巡りましたが、なかなか楽しめました。

八割がたお土産屋さんだったけど。

勢いで佃煮としょうゆ&ポン酢を買った。

f:id:donotcomemayday:20170207065344j:image

(帰って食べてみたら…(ーー;)馬路のポン酢の方が口に合うかな。埃っぽいお味というか…安物を食べ慣れてるからかなぁ。)

 

佃煮も、かなりいいお値段でしたが、…ツマミにはいいかもだけど、お値段に見合うだけのお味かというと…ま、お土産ですからね、勢いですからね。

 

ポラードに見送られ、映画館を後にします。

楽しかったよ!!

f:id:donotcomemayday:20170207064614j:image

小豆島 マルキン記念館

ネットで調べてみたら、マルキンのしょうゆソフトが有名らしい。

…わざわざいってみよう!

 

危うく通り過ぎるところだった!風情のある工場。

f:id:donotcomemayday:20170207061551j:image

ラッキー、無料開放ですって。

f:id:donotcomemayday:20170207061555j:image

f:id:donotcomemayday:20170207061600j:image

中は醤油作りについての展示がいろいろあります。

f:id:donotcomemayday:20170207061606j:image

おおきな樽!!

f:id:donotcomemayday:20170207061612j:image

この展示はイマイチ意図が汲み取れず、でした。

f:id:donotcomemayday:20170207061617j:image

かき混ぜてみたら、中身はないっていうのにかなり重労働だった。

f:id:donotcomemayday:20170207061622j:image

工場の中も見学できます。撮影禁止なり。

f:id:donotcomemayday:20170207061629j:image

もろみ工場はちょっと地味だったかな^_^;目立つ動きがなかったです。

 

一応見学を終え、期待の醤油ソフトをいただくぜ!

f:id:donotcomemayday:20170207061635j:image

f:id:donotcomemayday:20170207061640j:image

どんだけ醤油味なのかなー(〃ω〃)

f:id:donotcomemayday:20170207061645j:image

…ん??あんまり醤油感がない^_^;

がんばってがんばって醤油を探して、一瞬ふっと鼻に抜ける香りの中に醤油がいたような??

雑に食べると醤油に出会えない(ノД`)その程度の醤油味でした。

味覚がおかしいのかなぁ。

 

醤油ソフトいただきつつ海の方に行ってたら、「佃煮アイス」とか「醤ソフト」とかも発見!次はそっちにチャレンジしてみたいな。

小豆島オリーブ記念館

観光名所もよく分からず、どこに行ったらいいかもよく分からず。

ナビの案内もこれまた分からず。

で、なんとなくオリーブ公園的なところを目指してドライブ。

f:id:donotcomemayday:20170206201959j:image

遠くの方に観音様も見えた。もっと近くで見たかったな。

f:id:donotcomemayday:20170206202005j:image

ナビにだまされつつも、何とかオリーブ公園らしきところに到着。

 

道の駅らしい。入ってみよう。

f:id:donotcomemayday:20170206202010j:image

オリーブの歴史とかが展示されてました。

 

外は一面オリーブの木だらけです。

f:id:donotcomemayday:20170206202015j:image

f:id:donotcomemayday:20170206202022j:image

ポストもオリーブ色。かわいい。

f:id:donotcomemayday:20170206202027j:image

f:id:donotcomemayday:20170206202033j:image

f:id:donotcomemayday:20170206202041j:image

ハーブガーデンはイマイチ(^_^;)ハウスでハーブをいっぱい売ってるっていう感じ。

f:id:donotcomemayday:20170206202048j:image

なんかで見たことのある風車もあった!回ってないけどね。

f:id:donotcomemayday:20170206202054j:image

ほうきに乗ってキキになりきっている人がいっぱいいた。若い子ならいいけど、さすがにオバハンには無理かな^_^;イタすぎる。

 

オリーブ公園もだけど、その横にあった神社が風情があってよかった。トトロが出てきそう。

f:id:donotcomemayday:20170206202224j:image

 

ここがオリーブ公園だったんだよね?

見どころもよく分からないし、さらーっと眺めただけで公園を後にします。

 

イマイチ観光案内が不親切というか、分かりづらい(^◇^;)こちらの理解力が悪いのかもしれないけど、どこに施設があるとか、施設の入り口がどこかとか、もう少しカンバンとかあってもいいかなーって思った。

 

ていうか、ちゃんと事前学習してないことが原因だとは思うけど。